画RSS

--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年03月21日 (22:07)

ひだまりスケッチ×☆☆☆ 11話「6月5日 マッチ棒の謎」「2月16日 48.5cm」

インターネットと卒業制作の話

TVCMの影響でひだまり荘のPC所持者、乃莉スケさんの元に集まる一同
搭載OSはWindowsならぬWonders、形はどうみても○箱ですが(笑)

目的を果たして早速部屋を物色するゆちっちは流石というか何というか・・・
その調子で乃莉の「過去封印」フォルダも大公開してくれると期待していたのは私だけか?
ひだまり住民の中で一番まともそう?な乃莉の過去っていうのは何だか気になるわ。

後半はやまぶき高校の伝統行事、卒業制作の話
進学が決まった生徒が自主的に校内に制作した作品を展示する卒業制作
生徒が好きな場所に好きな作品を展示すると言うのは、色々な意味で自由性が高くて面白い設定だと思ったな。
てっきり壁一面に「富士山」を描く人が居るかと思ってたよ(笑)

しかし女子トイレを3週間使用禁止にするほどのみさと先輩の作品って一体・・・?



スポンサーサイト
カテゴリ : アニメ記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2010年03月19日 (00:33)

ひだまりスケッチ×☆☆☆ 10話「5月28日~6月2日 ひだまりパレット」

家無しゆのっちのお部屋訪問&お泊りの話

家の鍵をトイレで流してしまったゆの
なんとか開けようとピッキングも失敗、結局他の住人の部屋に泊めてもらうことに・・・

一日目は宮子
普段仲良しな二人だけあって普通と言えば普通
風呂上がりのゆのがやたら色っぽかったけど(笑)

二日目はヒロさん
ヒロさん愛用、顔パック効果を体験することに。

三日目はノリ
ノリ=オタのイメージがゆのの中で芽生えてしまったのか?
しかし髪を下ろしたノリがやたら可愛く見えたな。

四日目はナズナ
「お姉ちゃん」と言う言葉に衝撃を受けるゆのっち
似たもの同士が故に仲も良い様で、姉妹ゴッコは好きなだけやってくれ(おぃ
ナズナは髪を下ろしても対して変わらない気が・・・

五日目は沙英
夜も働くお父さんっぷりを発揮、仕事をする男の背中がなんとも頼もしい(笑)

六日目にして新しい鍵を手に入れるも、部屋で主を待っていたのが醗酵モノの味噌汁だったのは何ともお気の毒;;
しかし今回も吉野屋先生のダメ人間っぷりが凄まじい、この人がこの先いい所を見せる事は有るのだろうか?
後、どうせならクラスメイトとのお泊りイベントも見たかったな。



カテゴリ : アニメ記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2010年03月18日 (23:32)

ひだまりスケッチ×☆☆☆ 9話「11月22日 三年生と一年生」「5月21日 泣く女」

ひだまり荘の過去の住人、みさと(C.V 小清水亜美 )とリリ(C.V白石涼子)の話

みさとは行動派のチャレンジャー
確かひだまり荘にトラップを仕掛けて去っていったのはこの人だったけ?

リリは男前のしっかり者
ひだまり荘を掃除している姿はこっちが本物の大家さんのようだよ(笑)

そして今回はゆの達の先輩であるヒロや沙英が後輩として二人の先輩にアドバイスを貰っているのが、普段と逆の立場で新鮮だったのが印象強い。
後、この頃から夫婦の関係は始まっていたようで;;

後半は吉野屋先生の公園制服プレイとダジャレゆのっちが全てだった気がするなぁ


カテゴリ : アニメ記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2010年02月27日 (19:18)

ひだまりスケッチ×☆☆☆ 8話「5月13日~14日 ゆのクラブ」「9月26日~27日 やっぱりナスが好き」

学食中華フェアと学内コンクール

中華フェアのカニチャーハンの話題で盛り上がるひだまり住民達
しかしゆのと宮子だけ品切れで食べられず、落ち込む二人の前に現れるはヤケ食いOKの太っ腹料理人ヒロさん
みんなの為に蟹カマチャーハンを作ってくれましたとさ。
この人が不在になったらひだまり荘の食生活から華が無くなりそうだ;;

後半は学内コンクールの成績がよろしくなかったゆのっちの話
珍しく上手くいかなかった言い訳や自分の「絵」に対する疑問で悩むなど、いつもの明るい話と違ってゆのの暗い所が見れたのが良かったな。

そしてここでもヒロさん大活躍
先輩として悩みを聞き沙英を見本にして不安や悩みを軽くしてくれたりと、本当になんと頼れるお母さんだろう(笑)
ヒロさんは今回の影の主役だなぁ

それに対し、生徒の絵を観ずに生徒の“尻”を観ている吉野屋先生がいつも以上にダメダメで情けなかったのが印象強い(失笑)



カテゴリ : アニメ記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2010年02月20日 (17:55)

ひだまりスケッチ×☆☆☆ 7話 「5月3日~4日 7等分の日」

ひだまり荘に智花ちゃん現る。

歌舞伎好きという設定を引っさげて表れた沙英の妹、智花(C.V釘宮理恵 )
同じ一年ということで乃莉やなずなと打ち解けるのも早く、智花の存在感と合わさって乃莉やなずの出番もやや多めか?

全体的にヒロイン7人が集まって、ただ駄弁ってるだけの今回の話
途中の皆でお出かけイベントが一瞬で終わってしまったのは残念だ。
しかしコレだけキャラが集まると心なしか一番ゆのっちの影が薄いような;;
最後のお風呂シーンが無かったら存在感が・・・

吉野屋先生はこのまま羞恥プレイを続けてくれ(笑)




カテゴリ : アニメ記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2010年02月14日 (16:48)

ひだまりスケッチ×☆☆☆ 6話 「10月15日 空の高さも木立の影も」「4月29日~30日 恋愛上級者」

吉野屋先生の恋愛疑惑とモテモテなずなの二本立て

男をとっかえひっかえ!
では無く、勝手に集まってくるナズナのモテ資質
それに対する先輩達の反応が初々しくて面白い。

本人を前に「なずなはモテるイメージじゃない」と断言する乃莉は言葉を選んだ方がいいかと;;
対して乃莉の「モテるイメージ」は・・・
「明るくて活発で才能があって、ちょっと天然入っててスタイル良くって」
どう考えても宮子だろ?と突っ込まざるえない(笑)でもやはり本人は自覚無し。

しかしひだまり荘住民の人気度はどんな物なんだろう?
共学である以上、多少なりは男子の視線があるだろうし・・・まさかひだまり荘=変わり者のイメージで近寄りがたくなってるのか?

結局、なずなの「危なげでほっとけない」感じが理由だと一同納得
クラスに馴染めているか?というゆのの疑問は流されましたが果たして?
これで笑顔の裏でイジメでも受けてた日にゃ一気に鬱話になってしまうわ;;

そういえばアイチャッチが多かった今回の話
メガネゆのや各ヒロインズは眼福でしたが、明らかに構図やおかしな所があったのは大丈夫なのか?


カテゴリ : アニメ記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2010年02月12日 (10:58)

ひだまりスケッチ×☆☆☆ 5話「4月20日 オンナノコのきもち」「1月31日 まっすぐな言葉」

身体測定と携帯紛失の二本立て。

身体測定という折角のヒロさん弄り回と思いきや、弄られたのはゆのだったのは残念
てっきり一年生ズの容赦ないツッコミで凹むヒロさんを観れるのを期待していたのは自分だけか?(笑)

後半はゆのの携帯を拾ってくれた有沢先輩(C.V中原麻衣)の話(過去)
受験勉強の気分転換にとゆのをデッサンのモデルに指名する有沢先輩
その後、ゆのから恥ずかしい台詞で感想を言われ轟沈してる様は面白かったな。
ゆのが一年の時の話で既に卒業してる筈だから、その内この人の卒業話もやるのかな?

しかし☆☆☆になってからサブキャラの登場シーンが増えた気がする。
1.2作目は殆どシルエットだけだったような・・・
流石に3作目となるとお馴染みヒロインズだけでは話が広がらないからか?




カテゴリ : アニメ記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2010年02月06日 (16:31)

ひだまりスケッチ×☆☆☆ 4話「4月15日 日当たり良好」

ホームセンターに買い物へ行く話

見慣れぬ道具に創作意欲が湧きまくる一行
確かに普段見慣れてない工具類って確かにワクワクするよな。
それがクリエイターの卵でもある芸術科の面々ならなお更だろう。
しかし土方スタイルでも宮子は似合う(笑)

皆が楽しそうに進む中、ただ1人引っ込み思案でジモッティー(地元民)のなずな、控えめな性格が乃莉と仲良くなるにつれて少しずつ前向きになっていくのが良かったな。
最後のトイレ柄はドンマイと言うべきか(失笑)

OPに続き今回からEDもリニューアル
後半がなずなと乃莉をメインとした作りに変更、シルエットだけの先輩ズはどこかの四天王のようだ(笑)



カテゴリ : アニメ記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2010年01月22日 (20:02)

ひだまりスケッチ×☆☆☆ 3話「4月8日~9日 決断」「12月10日 カップ小さいですから」

OPが本気出してきた(笑)
曲のテンポが速い分、勢いのある映像が合うなぁ

前半は2年生になって新学期の始まりの話
今更だけど校長(C.Vチョー)の声優さんが合いすぎて困る。
選択授業で悩むゆの、自分の意思で決めようと悩んで悶絶してる姿がかわいいな。
そして宮子は今回も潔い。

後半は進路の話
「株で丸儲け!」のシーンで出てきたスーツゆのが新鮮だった。
沙英と進路の話をするゆの、文系と美術で悩んでいる沙英を「二兎追うものは一兎も得ず」と無自覚にトドメさす辺りは流石ゆのと言うべきか?
その後の落ち込んでる沙英を励ますヒロが良妻過ぎるのは相変わらず。

全体的にゆのの今後を考えさせられる内容で、まだ2年生になったばかりとはいえ進路を悩む学生の姿が良く描かれていたと思う。
ゆのを支える先輩としての沙英、それを支えるヒロ、友人としての宮子と、ひだまり荘の仲良し4人組を存分に楽しませてもらえる話だった。






カテゴリ : アニメ記事のURL コメント (0) トラックバック (1)

2010年01月09日 (22:56)

ひだまりスケッチ×☆☆☆ 1話「真っ赤点」「ようこそ ひだまり荘へ」

ひだまりスケッチ3回目、今回の☆☆☆(ほしみっつ)は何か意味があるのかな?

一話はゆのの赤点話とひだまり荘に新しく入居者が来る話

一番の見所はヒロと沙英のいちゃつきだろうか?特に大家さんの表情が良いな。
いかにも「他所でやってくれ」と言わんばかりなところが(笑)
ついでにゆのの風呂シーンに力入れすぎな気が・・・

しかし相変わらず一枚絵で進むことが多い
後、宮子のセーラー服に関するフォローが無いのは、始めてみた人は「?」になるんじゃないのかなぁ
365の時はいつの間にか観なくなっていたので今回も突然観なくなるかも・・・

とりあえず小見川千明が演じる新キャラ「なずな」がどんなキャラになるのかが楽しみだ。



カテゴリ : アニメ記事のURL コメント (0) トラックバック (0)
プロフィール

kimagurebito

Author:kimagurebito
観て何か感じたら感想を書こう。
後は気になるニュースなどをまったり更新

アーカイブ&カテゴリー
 
最新記事
FC2カウンター
タグリスト

Appendix


検索フォーム
最近のベストセラー
ブロとも申請フォーム
マイクロアド
リンク
下部フリーエリア
test
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。