画RSS

--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年03月24日 (03:47)

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 最終回 12話「蒼穹ニ響ケ」

タケミカヅチ大活躍、蒼穹に響く音

開戦を止める為に第1121小隊、最初で最後の大奮闘
ホプキンス大佐の目論む捕虜であるアーイシャを使っての開戦、ノエルの過去や「見えない死神」など色々出てきましたが、タケミカヅチの活躍に全て持っていかれた感じ。

倉庫を主砲でブチ抜いて発進→山登りし始めた辺りからニヤニヤが止まらない(笑)
現行戦車が足元にも及ばない機動性と防御力、踏みつけたりホバリングしたりと色々芸達者
実戦経験が殆ど無い連中が乗ってあの戦果なんだから伝説に偽り無しと言った所か?

その後のリオの登場で休戦が確定するまでの流れも、アメイジング・グレイスの演奏で主人公であるカナタの存在を引き立てつつ、過去の伝承の〆と合わせて綺麗にまとまっていたと思う。

エピローグに関しては流石に小隊(特にフィリシア)がお咎め無しなとこや、やたら懐の広いローマ皇帝とか色々疑問が残るけど、終わりよければ全て良しって事でいいんかな?
kanata

総評
アニメノチカラ第一弾作品としては個人的に面白い作品だったと思う。
特に砦や街並みの背景がデザインも含めとても細かく、各シーンごとに丁寧に作られていて感心した。
最後の戦も1話からコツコツ修理してきたタケミカヅチが最後に出番を与えられたことで、見事今までの期待に応えてくれた感じで満足。

ストーリーに関してはカナタの成長物語かと思ってたけど、途中で格段にラッパがレベルアップしちゃったせいかカナタ自身の成長という点に関しては余り見られなかったのは残念。
終わり方が少々急な気もするけど、それでも全体に散りばめた伏線をキッチリ拾ってくれるのは個人的に好印象だった。

次回からはアニメノチカラ第二弾「閃光のナイトレイド」
結局、製作現場しか予告では見せてくれなかったけどどんな作品なんだろう?



スポンサーサイト
カテゴリ : アニメ記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2010年03月23日 (02:01)

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 11話「来訪者・燃ユル雪原」

敵国からの来訪者、ノエルの過去
kanata
相変わらず休戦協定がまとまらず緊張が漂う両国
そんな時に遭難した敵国のローマ兵アーイシャ(C.V宮原永海)を保護する1121小隊

アーイシャが現れたことで戦争をしているという現実を突きつけられる面々
それでもカナタは音楽は国境を越える!と言わんばかりなのが流石と言うか;;
ここら辺の厳しさはクレハが一番軍人として理解してそうだな。
一方で過去に凄い物作ってたらしいノエル、いつぞやに出てきた「見えない死神」という言葉も彼女が関係しているようですが・・・

ラス前だけあって緊迫した雰囲気で話が進むのは判るけど、戦いの決着と合わせて1話に出てきた炎の乙女やら謎の化石やらの複線も回収できるのか?
小隊にしても意地を貫いて、タケミカヅチでアーイシャをローマ側に引き渡すとかやるのかな?
果たしてどの様な終わり方をするのだろ?まさか全滅ってことは・・・


カテゴリ : アニメ記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2010年03月23日 (01:04)

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 10話「旅立チ・初雪ノ頃」

待ち続けた女、リオの旅立ち
kanata
いつの間にやら完全修復に近づいてるタケミカヅチ
そのうち過去の大戦のように軽快に走り回ったり壁をよじ登ったりするのだろうか?
そんな折に届いた敵国であるローマ軍が移動を開始したと言う情報に不安を隠せない一同

全体的に暗めな今回の話
ジャコットという老婆のエピソードを交えてのリオの心情の変化
それに伴い大好きな皆の為に旅立つ決意をカナタに打ち明けるシーンなど、背景の街並みの移り変わりと共に進む話の流れがとても綺麗で観ていて気持ちが良かったな。

最後の楽器をカナタに預ける所はある程度予想していたけど、どうせならそのまま持っていって小隊のピンチの時にラッパ吹きながら大群率いて助けにてくれたりとか期待してたんだけどね;;

果たしてリオ一人が今更行ったところでどうなるのだろうか・・・
例の皇女様のように政略結婚の材料にされてしまうのかね?

次回のタイトルは「来訪者・燃ユル雪原」タケミカヅチが火を噴くか?


カテゴリ : アニメ記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2010年03月09日 (00:55)

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 9話「台風一過・虚像ト実像」

台風時の災害救助、憧れによる虚像
kanata
相変わらずクラウスへゾッコンのクレハ
今までクレハのクラウスへの想いは英雄への憧れかと思ったけど、今回の口ぶりだと同じ戦車乗りだった父親のイメージを重ねているのかな?
そういえば例の皇女様も戦車乗りだったようで・・・どんだけ勇敢な姫様だったんだ?

そして実は勤続年数が長いだけの通信兵だったミラクル・クラウスさん
孤児として生きてきたクレハの苦労、クレハの為に「英雄」を貫き通す道を選んだクラウス
二人を助けたタケミカヅチ・アンカーなど後半の見せ場はしっかり抑えてい面白い話だった。
特に最後のクラウスが語る「憧れ」で観られる者の辛さを語るシーンは今回の話のシメとしてとても良かったと思う。

ストーリーも終盤、リオの決断しだいで小隊が大きく揺れそうだ。

カテゴリ : アニメ記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2010年02月23日 (23:54)

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 8話「電話番・緊急事態ヲ宣言ス」

本営直通高度緊急非常事態用指令伝達回線保守確認任務(電話番)の話
kanata
本部からの電話を待っていて動けないカナタに起こる不運

動けない時こそ何かが起こるもの、雨にお子様に神父さんとお客様多数
電話番故にトイレを我慢して、あまりの辛さにバケツという非常トイレを考えついたカナタは間違ってない。
後はプライドと羞恥心さえ捨てればOKだった(笑)

結局、電話にも出れず任務失敗&恥ずかしい思い出も出来てしまったカナタ
電話はリオが変わりに出たけど内容は本来のモノとは違っていたようで・・・
序盤に出た「休戦協定がうまくいっていない」という事に関係してそうですが、亡くなった皇女様の替わりに協定をまとめてくれとか無茶な事でも言ってきたのだろうか?

そういえばカルヴァドス(密造酒)の事を何時の間にやら知っていたカナタ
なにやら面白そうなエピソードが在ったようですが、DVDのおまけ話とかになりそうな気が;;
個人的にはカナタがカルヴァドスを間違って飲んで暴走する話を希望

次回は「砂漠の狼」ことクラウスさんの活躍話?

しかしweb予告で言っていた第1121小隊員の「二つ名」
謎のサウスポー・黒下着
砦の破壊音・デスメタル
ツンデレスナイパー
お料理番長
腹黒癒し系
それぞれよく特徴がでてるな(笑)



カテゴリ : アニメ記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2010年02月17日 (10:08)

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 7話「蝉時雨・精霊流シ」

過去の大戦、死者への追悼と灯籠流し

kanata
かつて所属していた部隊が自分を除いて全滅してしまった過去に苦しむフィリシア
乗ってた戦車を見るとどうにもタケミカズチより旧式に見える。
太古の遺産みたいな扱いで現行の戦車よりハイスペックなブラックボックスの塊だったりするのか?>タケミカヅチ

しかし旧時代のタケミカヅチ軍団をビーム一発で薙ぎ払ったモノの正体は何だったんだろう?
亡霊兵士が言うには戦って負けてしまったらしいですが・・・
海の生物が全滅するほどの環境破壊をやってのける旧時代の大戦ってのは一体どんな兵器使ってたのやら;;

そういえばカナタやリオがお世話になった喇叭手の人が今回も登場
kanata
フィリシア曰く「皇女」様らしい、会話から察するにもう亡くなってるぽい。
小さい頃ラッパを教わったり、リオを見て驚く神父の様子を見るとリオも皇族なのかな?
そういえばノエルもフィリシアがいた戦争の経験者らしいですが、それが今回の精霊流しに一人だけ参加していなかった事に何か関係しているのかが気になるところ・・・

次回は緊急連絡の電話番をする話、もしも電話が鳴ったらシリアスルートへ一直線か?


カテゴリ : アニメ記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2010年02月09日 (23:47)

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 6話「彼方ノ休日・髪結イ」

カナタの休日、小隊の副業

kanata
以前、言われていた「出荷」とは砦で密造していた酒の事だったのね。
フィリシアの先輩達は軍の金を利用して、せっせと砦内に酒蔵作ってたのか・・・
自らの給料を密造してでも生み出す先代「砦の乙女」達は逞しいな(笑)
前回の温泉といい、まだなんか隠し球がありそうな感じだ。

してこの密造酒カルヴァドス、リンゴや洋ナシを原料としたブランデーの一種らしいけど
小遣い稼ぎで密造していた物が街の特産品みたくなってるのは面白い。
リオの母親が好きだったということやマフィア連中が嗅ぎ付ける辺り
それなりに知名度は高いんだろうな、こっちを本業としても十分やっていけそうだ。

一方、無自覚ながらも車両を一機撃破という大黒星を挙げたカナタさん
この子はこのまま何も知らんほうがいいな(笑)

次回は真面目な話、戦争が激しかったの頃の話のようで・・・




カテゴリ : アニメ記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2010年02月04日 (08:14)

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 5話「山踏ミ・世界ノ果テ」

遠足という名の定期点検&若手レクリエーション

kanata
珍しく戦闘訓練に励む第1121小隊の面々
戦闘のシュミレーションもできるタケミカヅチを観ると、修理が必要なのは殆ど外装だけだったりするのだろうか?

クラウスさんの仇名は「砂漠の狼」byクレハ
過去に戦車に乗って大活躍したらしいクラウスさん、仇名が「荒熊」だったら良かったのにと考える自分がいる;;

今回はクレハが表情豊かで面白い。
配達親父のクラウスさんにはほの字だし、持ち物が紛失したときはノエルに当り散らすなど色んな意味で絶好調。
ノエルも休憩と称して真っ先に川に飛び込んだ奴に言われたくないだろうになぁ
後、隊長に対する「あの人は黒いの!」発言には笑わせてもらった。何か合ったのか?

しかしたまに届く司令部からの通知というのが裏があるような気がしてならない・・・
フィリシアが意図的に何か隠してそうでなんか怖いよ;;

次回は隊の休日の話、相変わらずweb予告はテンション高い
マフィアっぽくスーツで重火器ぶっぱなすノエルに期待、脱衣トランプはやってくれたら面白いだろうな(やらないだろうけど)


カテゴリ : アニメ記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2010年01月30日 (03:10)

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 4話「梅雨ノ空・玻璃ノ虹」

ノエルメインと見せ掛けてカナタの成長回
どっきりサービスカットはどこですか?
kanata
物資の買出しに出かけるノエルとカナタ
見送る上官二名がお母さん過ぎるのはお約束、クレハは妹役か?

メカニック故か物知りなノエル
イルカについて語る際「まだ海に生物がいた頃」とかサラッと凄いこと言ってるような・・・
不毛の大地と呼ばれてる所は元は海だったりするのだろうか?

後、カナタだけが知らされていない、ナオミの言っていた「出荷?」とは何のことだろう?
ナオミの口調からすると余り明るい話では無さそうだけど・・・期日は来月、今更タケミカヅチ完成させて休戦状態の前線に送り込むってことは無いよな?
なにやら怪しいフラグが立ってしまった1121小隊、今後どうなることやら。

次回は大荷物背負って遠征する話
ノエルの睨み殺すような視線の先にあるモノって一体・・・?



カテゴリ : アニメ記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2010年01月19日 (20:03)

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 3話「隊ノ一日・梨旺走ル」

リオの介護奮闘記、味噌っかすの頑張り
kanata
小隊の一日を描いた今回の話、web予告でやっていた授業内容は今回事だったのか。
そんな時届いた補給物資の連絡、それを受け取る為に出かけるフィリシア達と砦に残ったリオとカナタ
久々のラッパ練習に燃えるカナタだったが、今までの無理がたったようで倒れてしまう・・・

全体的に1話と2話とは違って緊迫とした雰囲気の話だった。
リオとカナタが過去に出会った人物は同じ人のようですが、カナタにとっては憧れ、対してリオにとってはちょとしたトラウマになってる所があるっぽい・・・今後ここら辺も明らかになっていくのかな?

しかしこの部隊で医薬品はともかく弾薬とか使う機会があるのだろうか?
それとタケミカヅチは作中の科学レベルの数倍上を行ってそうな作りだなぁ
コイツが旧式なら最新型はドンだけ凄いんだろう?

次回はノエルの話、どっきりサービスカット満載らしいですが果たして・・・?



カテゴリ : アニメ記事のURL コメント (0) トラックバック (0)
プロフィール

kimagurebito

Author:kimagurebito
観て何か感じたら感想を書こう。
後は気になるニュースなどをまったり更新

アーカイブ&カテゴリー
 
最新記事
FC2カウンター
タグリスト

Appendix


検索フォーム
最近のベストセラー
ブロとも申請フォーム
マイクロアド
リンク
下部フリーエリア
test
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。