画RSS

--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年04月18日 (16:37)

NARUTO -ナルト- 疾風伝 374話 「暗号解読」 375話 「第一の課題」

自来也から託された暗号解読、仙術修行開始

今回からOP、ED共にリニューアル
OPは新たにナルトの物語を書き始める自来也から始まり、ペインvs木の葉勢の戦いに駆けつける主人公(ナルト)の対決までを描いたPVのような映像は観ていて楽しいな。

EDはまさかのヒナタメイン
まあペイン襲来ではある意味メインヒロイン?だし別に構わないんだけど、曲の雰囲気が現行の話とはまったく関係ないのはなぁ

本編は暗号解読の為に皆の前で官能小説を音読させられるカカシ先生が気の毒すぎる(笑)
仙術修行中に登場したド根性忍伝の主人公がどう見ても大人版ナルトだけど、このまま成長したらこんな感じになるのだろうか?

そういえば新しい劇場版に四代目が出てくるようで・・・
本編でもナルトとの関係が明らかになるのが近いけど、劇中だとナルトは自分との関係を知ってるのかな?




スポンサーサイト
タグ : NARUTO疾風伝
カテゴリ : アニメ記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2010年04月04日 (18:34)

NARUTO -ナルト- 疾風伝 372話 「悲報」 373話 「話師の影を追って」

自来也の死とナルトの再起

序盤は六尾発動の章で空いた穴埋めとダークサイドに一直線のサスケの回想

自来也の死を悲しむ木の葉の面々と同時にそれぞれの回想シーンを交えた演出はとても雰囲気が出ていて、観ていてじんわりと悲しい気持ちが伝わってくるのがよく描かれていたと思う。

そして久々の出番ながらも見事ナルトを元気付けるイルカ先生
流石初期から登場しているキャラクターとしてやナルトの最初の先生という立場もあってか、今回の配役はベストと言わざる得ないわ。

その後のシカマルを交えての「師から託されたモノ」をテーマに自らのやるべき事を再確認するナルトの復帰は見ていてとても清々しいものがあったな。




タグ : NARUTO疾風伝
カテゴリ : アニメ記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2010年03月18日 (00:04)

NARUTO -ナルト- 疾風伝 第371話 「師弟」

六尾発動の章、終章

尾獣を宿した霧隠れの抜け忍・ウタカタ
一族の繫栄を取り戻すべく奮闘する少女・ホタル
この二人の関係を軸とした今回のシリーズ、自来也の死んだ後に「師弟」をテーマにした話をするのは悪くないけど、いかせんストーリー構成が雑すぎないか?

作画や占めるところの演出は見応えがあったけど、最後の結末が投げっぱなしで全てを台無しにしてしまった気がする;;
戦いの末に互いを思いやり、ウタカタとのこれからの旅を楽しみにするホタル
そんな主役である二人の結末があまりに救いが無くて暗い印象だけが残ってしまった。

ペインが出てきた時点で結末は見えたけど、一瞬でやられて終わるより、ホタルの為に必死に生き抜こうと戦うシーンなどは入れて欲しかったな。

そういえば六尾って何の形をしていたのだろう?


タグ : NARUTO疾風伝
カテゴリ : アニメ記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2009年11月28日 (15:05)

NARUTO -ナルト- 疾風伝 第357話 「天照」

イタチvsサスケ中編

「目玉えぐったぞー!」っと思いきや月詠でしたというオチ
やはり術を使った戦いより忍具を使った戦いの方がいいな。
影手裏剣だけで終わらず、そこに仕込みまであるとは・・・あれ避けたら人間超えてるわな。

天照を使って圧倒的に有利になると思いきや、イタチが熱くならない性格かイマイチ押してるんだか押されてるのか判りにくい;;
全体的にアクションのシーンは目を惹かれる物があるが、それが過ぎた後のゼツの解説タイムで熱が一気に冷める話だったなぁ(失笑)

次回決着、久々の大蛇丸さんに期待。




タグ : NARUTO疾風伝
カテゴリ : アニメ記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2009年11月25日 (09:25)

NARUTO -ナルト- 疾風伝 第356話 「万華鏡写輪眼の光と闇」

いよいよ始まるイタチvsサスケ編

若い頃のイタチにも顔のシワ?があるのは違和感がある;;

体術の猛襲→千鳥フェイントの後の二人の表情が良いな。結局ダミーのダミーで終わらないのもサスケの成長具合が良く分かる。

そして
「サスケェ!!お前は俺にとっての新たな光だ!!!」
とうとう出た、巷で噂のイタチの本性
でも「俺たちは互いのスペアだ!」って言ってる時点でサスケに目を渡すことも十分考えられるんだよなぁ・・・

最後の千鳥・風魔手裏剣のガード不可攻撃も面白かった。その前の手裏剣の投げ合いは前回の次回予告せいで思わず笑ってしまったのがちょっと残念かな?

自来也→イタチ→キラービー戦と名勝負が続く時期なので毎週が楽しみだ。




タグ : NARUTO疾風伝
カテゴリ : アニメ記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2009年08月21日 (00:15)

NARUTO -ナルト- 疾風伝 第343話 「激突!」

サスケvsデイダラ先輩

ひたすらのバトルメイン、相変わらず原作の戦闘シーンは気合入ってるなぁ
暁の中でも割と人気のあるデイダラと、更にその上をいく人気を持つサスケだからこそか?
トビを気遣って爆弾を爆発させないデイダラが意外といい奴で笑ってしまった(笑)

見所としては全部と言いたいところだが、やはりワイヤーと大型手裏剣を使った誘い込みかな?
普段、忍術オンリーみたいなところが有るから、忍具を使ってるのをみると新鮮味を感じる。
他にも分裂・ホーミング爆弾との戦闘、それを木を飛び移って逃げるサスケなども細かく描かれていたのが印象強い。

後半のデイダラ回想も面白かった。
「芸術は爆発だ!」の一言に対する暁メンバーの反応が薄いよ(笑)
しまいにはイタチに見惚れたこと思い出して激情するなど、意外と感情豊かなデイダラは観ていて楽しいわ、どう観てもサスケは兄貴のとばっちり喰らっただけだよなぁ・・・
ラストのビッグ・デイダラがどう観ても爆発するとしか思えないのは、今までの行動が物語ってる;;

次回は決着、デイダラは意外とあっけない退場だったなぁ・・・もうちょっと爆破テロをやって欲しかった。




タグ : NARUTO疾風伝
カテゴリ : アニメ記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2009年07月31日 (10:10)

NARUTO -ナルト- 疾風伝 第339話 「カカシ外伝~戦場のボーイズライフ~」

カカシの過去編、車輪眼を受け継ぐまで・・・
新作の映画はカカシがメインということもあって、この時期に映像化したのかな?

戦時中の火の国を舞台としてるみたいだけど、木ノ葉が余りに劣勢すぎて驚いた
四代目が居なかったらとっくに負けてそうだよ;;

忍びの掟に固執する余り、仲間と溝を作ってしまう少年時代のカカシ
掟を破り咎められた父を認めてくれたオビトと、それを聞き仲間の為に行動する事を決めたカカシの心境の変化が、仲間との距離感を近づけていくのがよく描かれていた。

ケンカ別れ→オビトを助けに来る→ピンチに車輪眼覚醒と王道ながらも綺麗に決まり、
オビトとカカシのコンビネーションもそれまでのカタルシスもあいまってかなり熱い展開だった。

その後の眼を受け継いだカカシの覚悟完了っぷりも凄まじく、とてもカッコよく決まっていた。
欲を言えば四代目が駆けつけるシーンまで映像化して欲しかったな。

最近の話では片方が一方的な戦闘ばかりなので、駆け引きのあるギリギリの戦いは観ていて面白い。こういうのを観ると映画も観たくなるなぁ




タグ : NARUTO疾風伝
カテゴリ : アニメ記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2009年07月24日 (21:55)

NARUTO -ナルト- 疾風伝 第338話 「結成!」

小隊「蛇」結成、重吾の過去

今見ても自身の骨を使う君麻呂の術が不思議でならない・・・背骨取り出してどうやって立ってるんだ?

後、争う水月と重吾をサスケが止めるシーンで「本当の殺意」という言葉を使っているけど、「殺意」と言うほど迫力を感じなかったなぁ
もうちょっと一工夫して欲しかった。

ついでに本編より、ナメクジ・カツユ(C.V能登麻美子)の苦労っぷりを描いたオマケ話が可愛く面白かった(笑)

次回はカカシ外伝、四代目の活躍が楽しみだ。





タグ : NARUTO疾風伝
カテゴリ : アニメ記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2009年07月11日 (02:19)

NARUTO -ナルト- 疾風伝 第337話 「北アジトの重吾」

北アジトの潜入編

重吾のいる北アジトに向うサスケ一行
しかし水月は「首切り包丁」を手に入れてからは動きが単調だなぁ素手で戦っていた方が面白みがあった。

そして相変わらず香燐の猫かぶりが凄まじい(笑)
このシーンを観れただけで他の事は殆ど印象に残ってない;;

そういえば重吾の完全形態はどんなのだろう?






タグ : NARUTO疾風伝
カテゴリ : アニメ記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2009年07月03日 (08:56)

NARUTO -ナルト- 疾風伝 第336話 「鉄壁の番人」

香燐C.V東條加那子 登場編
ツンデレ香燐はチャクラの匂いで感じちゃうの♪ってお話

二人っきりになった途端、眼鏡外して本気モード(女として)の香燐、大人の女性っぽい声が突然ネコ被ったデレ声に変わったのは驚いた。
鍵閉めてサスケに迫るわ、甘えるわで完璧に惚れてるのね;;
後、ニヤけてる顔が観ていて面白いんだが(笑)

今回からOPがサスケ使用に、EDもSEAMOの「My ANSWER」に変更
サイのシーンで吹いたのは私だけじゃないよね?






タグ : NARUTO疾風伝
カテゴリ : アニメ記事のURL コメント (0) トラックバック (0)
プロフィール

kimagurebito

Author:kimagurebito
観て何か感じたら感想を書こう。
後は気になるニュースなどをまったり更新

アーカイブ&カテゴリー
 
最新記事
FC2カウンター
タグリスト

Appendix


検索フォーム
最近のベストセラー
ブロとも申請フォーム
マイクロアド
リンク
下部フリーエリア
test
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。