画RSS

--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年05月14日 (02:46)

ダブルブリッド

とりあえず一言

ありがとう

最終巻出してくれて゜゜(´□`。)°゜。

9巻が出てからおよそ4年・・・半ば諦めていただけに本当にうれしいわ・・・

行きつけの本屋で売り切れで、3店目にして購入したときは「とうとう最後か・・・」などと感慨にふけって家路につきましたよ、ええ


で、一気に読破


ん~

懐かしい・・・

優樹は相変わらず酒飲んでるし
大田は無駄にしゃべりまくり
虎司は虎だし
夏純はタバコ吸って燃えてるし

ああダブルブリッドだな~って感じがした(大袈裟な;;)

後、優樹が決戦前の準備している所がなんだか1~3巻くらいを思い出して何だか微笑ましい。
太一がその場にいないのが残念ですが・・・

結末としては“らしい”ハッピーエンドだったかな?
なにが“らしい”なのかと聞かれたら、なんとなくとしか言いようが無いが・・・
様々な設定の裏付けもでき、内容もほぼ満足^^
作者の中村恵里加さん、本当にお疲れ様でした。

イラストはたけひとさん、4年の歳月のせいかやたらキャラがかわいくなっちゃてるのは気のせいかな?表紙のイラストは好きですけどね。

個人的には1.2巻の藤倉和音さんのイラストで最後まで見てみたかった・・・

だって

1.2巻最後の優樹がかわいすぎるんだよw


何はともあれこれでDBも完結、私の電撃文庫始まりの二冊のうち一冊が終わってしまった・・・
寂しいようなうれしい様ななんとも言えませんね・・・・









追記
他に印象に残ったその他の人々

片倉晃
最後の最後に大活躍!・・・・ってほどでもないか?今まで出番少なかったせいか存在忘れかけてたけど、ただの説明係で終わらなくてよかった。
「二つ、ずうずうしいお願いがあるんですが・・・」
二つと言わず三つでも(´□`。)°

シームルグ(大田真章)
DB界の変人、個人的に好きな男性キャラNo1
「戦って、逃げて、生きて、死ぬ旅路を往く覚悟だ!」
脱傍観者、みなぎる背筋!俺の背中はだてじゃない!・・・・でも相手が悪かった;;
この男の読みきり話も実に面白いかった。

“主” 、浦木、飯田
この世界における奇人、変態、イブシ銀
特に飯田の印象はかたぎの人のようだ、浦木は目玉おかずに白米はマジかんべん;;
“主”は最後までラスボスっぽかったな。ラスボスじゃなかったけど;;


追記2
今までダブルブリッドのテーマは「」だと思い込んでたんですが・・・最終巻を読んで「」なのかな?って思ったよ。
最後だけあってキャラの個性が強く出ていたせいもあるかもしれないけどね。
まあ、どうでもいいことだなぁ~



最後に一言

ありがとう、本当に面白かった


カテゴリ : 記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://hakutyuuya968.blog20.fc2.com/tb.php/2-08b77762
プロフィール

kimagurebito

Author:kimagurebito
観て何か感じたら感想を書こう。
後は気になるニュースなどをまったり更新

アーカイブ&カテゴリー
 
最新記事
FC2カウンター
タグリスト

Appendix


検索フォーム
最近のベストセラー
ブロとも申請フォーム
マイクロアド
リンク
下部フリーエリア
test
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。