画RSS

--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年01月26日 (20:34)

魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st  感想

魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st
魔法少女リリカルなのは THE MOVIE 1st オリジナルサウンドトラック
とりあえず観てきた。

「平日の1回目ならあんまり人居ないんじゃない?」とか思ってたけど甘かった;;

以下、気になったところなど(ちょっとネタばれあり、個人的視感かなりあり)
ストーリーの流れはほぼ同じ?ジュエルシード集めの所を上手く省いて綺麗に纏まっていたと思う。
1期は途中で投げたので、劇場版も途中から話を全く知らない分楽しめたかな?

・キャラクター
▼高町なのは
今作に置ける主人公
初っ端からマルチロック・ホーミング射撃をやってのけたり、砲撃型なのに高速接近&体当たりで変異した動物を吹っ飛ばしたりと何かとパワフルな小学校3年生(9歳)
しまいには成層圏からダイブして、雷雲に大穴あけて太陽の光に包まれて降りてくるなんてドコのスーパーロボットだ?(笑)
堂々とフェイトに一対一の勝負持ちかけたりするのは家系故か?

▼フェイト・テスタロッサ
今作のもう1人の主人公
母親からのDVもなんのその、健気に尽くすが報われず、今日も愛犬と石探し
鉄柵も一瞬で消し炭にするチャージ砲撃を受けても生きているタフな子
ただでさえ露出の多いバリアジャケットが、攻撃受けるたびに少しづつ破れて行く所にスタッフのこだわりを感じるのは自分だけか?

・武器
▼レイジングハート 劇場版デザイン
銃身?とコア部分が補強されてますます武器っぽいデザインに(笑)
TV版でのシューティングモードが劇場版ではカノンモードに変更
排気ダクトの裏についてる白いのがスライドしてカートリッジ装着できそうな形だなぁ
トリガー付いてるとホントに「トドメ刺す」って印象が強くなる気が・・・

▼バルディッシュ 劇場版デザイン
手斧からポールアックスに変わったようなデザイン
TV版ではお飾りっぽかった刃の部分が「鋭く重くでっかく」なって帰って来た感じ。
ついでにグレイブモードとやらが追加されて、以前よりガシャガシャ動くぶん更にメカっぽい。
グレイブ形体で魔力刃出せば薙刀形体も出来んじゃないか?

・戦闘シーン
▼なのはvsフェイト(ラスト)
見所は空中のドッグファイトと最後の奥の手だろうか?
互いに消耗した状態でのファランクスvsS.R.B
フォトンランサー?一斉掃射を耐え切るなのはさんは鬼の子
一定方向の掃射ではなく、あれが360度の全方位攻撃だったら結果は違っていたかも?

そして色々噂のスターライトブレイカー
「飛び散ってる魔力、拾って全部使うのなの!⌒*(・∀・)*⌒」(言ってません
簡単に言うと↑観たいな感じ、正直ただのチャージ砲撃だと思ってたんだけど、こんな収束砲撃なんて設定あったのね;;
これがA's始まる頃には「結界破壊」なんて能力付いてるのは持ち主の努力の賜物か?
後、他のシーンで対フェイト戦を前提にバインド魔法を習得したりする描写があったのは良かったな。

・その他
ユーノはフェレット状態でファイティングポーズ取られると笑ってしまう(笑)
アルフ可愛いよアルフ(*´д`*)
クロノ出番あるようでない;;マザコンデバイスもっと喋ってくれorz
リニスが居なくなったのは、ある意味寿命だったのか・・・
自分のお涙頂戴キャラはアルフだったりする。


大体こんな感じ
たぶん再度観に行くことはないと思うので、今だ観ていないTV版一期でも見ながらA'sの劇場版を待ちますかな?

そういえば劇場パンフが以外に読み応えのある内容だった。
各シーンごとにページが別れてたり、設定資料の他に各声優さん方の顔写真も合ったりします。
勿論、R.Hやバルディッシュの中の人も・・・

最初はちょっと敬遠してたけど、十分に楽しめる内容だった。


カテゴリ : アニメ記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://hakutyuuya968.blog20.fc2.com/tb.php/317-e8d16e2b
プロフィール

kimagurebito

Author:kimagurebito
観て何か感じたら感想を書こう。
後は気になるニュースなどをまったり更新

アーカイブ&カテゴリー
 
最新記事
FC2カウンター
タグリスト

Appendix


検索フォーム
最近のベストセラー
ブロとも申請フォーム
マイクロアド
リンク
下部フリーエリア
test
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。