画RSS

--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年03月24日 (03:47)

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 最終回 12話「蒼穹ニ響ケ」

タケミカヅチ大活躍、蒼穹に響く音

開戦を止める為に第1121小隊、最初で最後の大奮闘
ホプキンス大佐の目論む捕虜であるアーイシャを使っての開戦、ノエルの過去や「見えない死神」など色々出てきましたが、タケミカヅチの活躍に全て持っていかれた感じ。

倉庫を主砲でブチ抜いて発進→山登りし始めた辺りからニヤニヤが止まらない(笑)
現行戦車が足元にも及ばない機動性と防御力、踏みつけたりホバリングしたりと色々芸達者
実戦経験が殆ど無い連中が乗ってあの戦果なんだから伝説に偽り無しと言った所か?

その後のリオの登場で休戦が確定するまでの流れも、アメイジング・グレイスの演奏で主人公であるカナタの存在を引き立てつつ、過去の伝承の〆と合わせて綺麗にまとまっていたと思う。

エピローグに関しては流石に小隊(特にフィリシア)がお咎め無しなとこや、やたら懐の広いローマ皇帝とか色々疑問が残るけど、終わりよければ全て良しって事でいいんかな?
kanata

総評
アニメノチカラ第一弾作品としては個人的に面白い作品だったと思う。
特に砦や街並みの背景がデザインも含めとても細かく、各シーンごとに丁寧に作られていて感心した。
最後の戦も1話からコツコツ修理してきたタケミカヅチが最後に出番を与えられたことで、見事今までの期待に応えてくれた感じで満足。

ストーリーに関してはカナタの成長物語かと思ってたけど、途中で格段にラッパがレベルアップしちゃったせいかカナタ自身の成長という点に関しては余り見られなかったのは残念。
終わり方が少々急な気もするけど、それでも全体に散りばめた伏線をキッチリ拾ってくれるのは個人的に好印象だった。

次回からはアニメノチカラ第二弾「閃光のナイトレイド」
結局、製作現場しか予告では見せてくれなかったけどどんな作品なんだろう?



カテゴリ : アニメ記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://hakutyuuya968.blog20.fc2.com/tb.php/368-6458cb8c
プロフィール

kimagurebito

Author:kimagurebito
観て何か感じたら感想を書こう。
後は気になるニュースなどをまったり更新

アーカイブ&カテゴリー
 
最新記事
FC2カウンター
タグリスト

Appendix


検索フォーム
最近のベストセラー
ブロとも申請フォーム
マイクロアド
リンク
下部フリーエリア
test
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。