画RSS

--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年06月29日 (09:56)

劇場版 トライガン TRIGUN Badlands Rumble 感想

久々に平日が休みだったので劇場版トライガンを観てきた。
近くの映画館で2週間だけ公開って辺りがいかにもマイナーっぽい;;
平日の1本目だったせいか20人ちょいしか人が居なかったよ。

以下、ちょっとネタばれあり

▼世界観
星の全域が砂漠で覆われた世界
冒頭のサンドスチームが砂漠を走り抜ける様を見たら「トライガンだな~」と思った。
TVシリーズから11年、良くも悪くも当時の雰囲気がそのまま感じることが出来たのは好印象。
後、昔と同じようにキャラを演じる声優さんって凄いな。

▼キャラクター
・ヴァッシュ・ザ・スタンピード(C.V 小野坂昌也)
主人公、作中最高額の賞金首だけど本人だと気づいてもらえない男
早撃ち、曲芸撃ちを武器に日夜「殺人防止」に生きる日々、合言葉は「ラブ&ピース」?
「正義の味方」の一言で全て片付く人

・ニコラス・D・ウルフウッド(C.V 速水将)
続・行き倒れ牧師、キャラクター&武器共にとても人気のある人
彼の持つ「パニッシャー」は作品を超え、多くの人に愛されるトンデモ重火器
強力な弾を何発撃っても弾切れしない特別仕様
しかし丸眼鏡がこんなに似合わないとは・・・

・ガズバック・ガロン・ゲッタウェイ(C.V 磯部勉)
今作のボスキャラ、奪ってなんぼな強盗魔
右腕の複合兵装は今回のビックリドッキリメカ、てっきり蒸気の力で空を飛ぶと思ったのは自分だけか?
ある意味主人公より主人公らしく、ヴァッシュ&ウルフウッドよりよく動くキャラ。

・アメリア・アン・マクフライ(C.V 坂本真綾)
足癖の悪さと男嫌いに定評のある今作のヒロイン

・保険屋さん二人組み
いつも通りのポジションで抜群の安定感(笑)

▼各シーンについて
・単身で街を疾走するガズバック
ガチガチの重量キャラなのにまったく止まらず、ガンガン突き進むガズバックが今作一のお気に入りシーン
マシンガン、キャノンを自在に使い分けて数百人?の賞金稼ぎを蹴散らして進むのは観ていて爽快だった。

・アメリアの回想
一番初めの回想でアメリアとガズバックの関係に予想付いちゃった人も多いんでは?
しかし女性にあんな物プレゼントするガズバックって・・・

・ウルフウッド&アメリアvs手下3人
防御力もあるパニッシャー、機関銃の一斉射撃にも余裕で耐えられる安心設計。
機関銃で掃射→くるっと回してミサイルの使い分けがいいな。
武器といい身体能力といい、ガングレイブの世界に飛ばされても普通に活躍できそうだよ。

・ヴァッシュvsガズバック
いつ「H.T」が聞けるかと思ったけどここで流れたか。
お得意の早撃ち&精密射撃で勝負が付いたけどちょっと物足りない感じ。
最終決戦まで生き埋めなのが残念、個人的にはヴァッシュ&ウルフウッド&アメリアで「H.T」を流しながら乗り込んで欲しかったな。


▼総評
「軽め」のガンアクション
シリアスなんて求めちゃいけませんって感じが個人的感想
キャラクターの感想がそのキャラの印象度なので、過度な期待はせず軽い気持ちで観るのが一番かと・・・
TVシリーズが好きな自分としては十分楽しかった。


タグ : トライガン
カテゴリ : アニメ記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://hakutyuuya968.blog20.fc2.com/tb.php/383-c93ac267
プロフィール

kimagurebito

Author:kimagurebito
観て何か感じたら感想を書こう。
後は気になるニュースなどをまったり更新

アーカイブ&カテゴリー
 
最新記事
FC2カウンター
タグリスト

Appendix


検索フォーム
最近のベストセラー
ブロとも申請フォーム
マイクロアド
リンク
下部フリーエリア
test
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。