画RSS

--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年03月13日 (23:03)

東北地方太平洋沖地震 一日目

初めて“大地震”を経験したので記録として

2011年(平成23年)3月11日14時46分 

私がいた場所は職場の2階でした、初めは少し大きな地震としか感じなかったが、今まで感じたことの無い、長い地震に違和感を覚え、出口付近で様子を見ていたら揺れが歩くのに支障がでるほど激しくなりました。

倒れるモニター、重くて簡単に動かせない装置が左右前後に激しく動き、次第に消えていく蛍光灯の光。
辛うじて出口のドアに捕まり立っていました。
今年に入って本気で「自分は死ぬかも」と感じたのはコレで二度目です。

その後、少し揺れが収まったのを見計らい避難エリアまで退避、そして職場の片付けはやらず全員そのまま帰宅となりました。

私の頭の中では家族の事、住んでいるアパートの事、そのコンロに掛けてあった味噌汁の事など色々考えていました。

信号機の電気が消え、渋滞の道のりを車で進みながら崩れた塀や非難する人々を横目にアパートまで無事に到着
この時点で17:00地震発生から約2時間

とりあえず私の住むアパートは無事でした。
外壁や屋根瓦の崩れもなく、
「やるじゃん築10年セキ○イハイム!」
などと心の中で賞賛を贈ったのもつかの間、ドアを開けると床に散乱した風味豊かな味噌汁の香りが・・・そして室内は壁紙が裂け、ヒビのようなモノが入っていました。
「これは修繕してもらえるのか不動産屋に確認せねば」などと考えつつ貴重品やアパートの契約書類、今後の延長戦も考え作りおきの保存食(鶏ハム)などを持ちつつ実家へ

実家へ向かって運転していると、家族から安否の確認で送ったメールの返信が来た。
実家は室内は散々らしいが屋根や外壁などは異常が無いらしい、そして誰も怪我をしていないのを知り一安心。
変わりに自営でやっている店の様なモノがガラスが割れたりと散々な状態らしい。

私自身も実家には直行せず、各地の後片づけをしている内に夜もふけ、電気が使えない為辺り一面が「闇」と化してしまった。
職場付近とは違い、地元の方は地面の陥没などもあって驚いた。
そういえば市役所では避難所兼対策本部?のようなモノが作られていたな。

突然とはいえ水、電気、ガスと生活の三種の神器が失われてしまったのは大きい。
明かりの無い自宅でロウソクで部屋を照らし皆で遅めの食事、お手製の鶏ハムが好評でなにより^^;
その後、車に積んであったポータブルナビのワンセグTVで地震の規模を知り不安が増大;;
(私の住む場所は震度6でした)

とりあえず一日目は余震に脅えながら寝て終了

ちなみに非常用懐中電灯は電池切れで使えませんでしたよ ┐(´ー`)┌

カテゴリ : 日記記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://hakutyuuya968.blog20.fc2.com/tb.php/426-f015c5fb
プロフィール

kimagurebito

Author:kimagurebito
観て何か感じたら感想を書こう。
後は気になるニュースなどをまったり更新

アーカイブ&カテゴリー
 
最新記事
FC2カウンター
タグリスト

Appendix


検索フォーム
最近のベストセラー
ブロとも申請フォーム
マイクロアド
リンク
下部フリーエリア
test
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。