画RSS

--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年08月07日 (07:00)

世界初のワイヤレス充電スマートフォン AQUOS PHONE f SH-13Cが発売 miniUIMカードなど

NTTドコモ、世界初のワイヤレス充電スマートフォンを発売

8月6日に発売されるドコモのスマートフォン「AQUOS PHONE f SH-13C」

Android OS 2.3を搭載したこの端末は、同梱されているワイヤレス充電器「ワイヤレスチャージャーSH01」に置くだけで充電ができる。
充電の際は、細かい位置合わせは必要なく、充電器の端などに置いても充電可能らしい。
充電時間などが気になる所だが、この便利さはやはり目を引く。

また同端末は防水・防塵に対応しているほか、おサイフケータイや赤外線通信機能も搭載。
3.7インチのQHDタッチパネル液晶(540×960)には、のぞき見を防止できる「カラーベールビュー」。
さらにテザリング機能により最大5台のWi-Fi機器をネットに接続できるなどの特徴がある。


そしてもう1つ注目しておきたい点がある。
それはSH-13Cのみ採用している、ドコモminiUIMカードの存在。
st_phone-02.jpg
従来のドコモUIMカード(FOMAカード)ではなく、「端末の小型化を図るため」に採用された新しいカード。

「SH-13C」にドコモminiUIMカード採用、機種変更は要注意
ここで一番に注目したいのが、SH-13Cに機種変更した場合、これまで使っていたFOMAカードは使用できなくなること。
以前のケータイにUIMカードを戻して利用することができないなどの互換性の問題が出てくる。

さらに注意したいのが、機種変更前のiモード端末で月額課金の有料サイトに登録している場合。
ソフトバンクの場合、ケータイからスマートフォンに機種変更すると、ケータイで登録していた有料コンテンツは自動解約となる。

一方ドコモの場合、FOMAカード対応ケータイからドコモminiUIMカード対応のスマートフォンに機種変更しても、iモード契約を解約しない限り、有料コンテンツは同社のシステム上、自動解約とはならない。
SH-13Cに機種変更する場合、必ず有料コンテンツは解約するか、iモードを解約することが重要になる。
ドコモによると、万が一有料コンテンツを解約し忘れることがないよう、店頭で注意喚起をするよう呼びかけるとのこと。

現時点でドコモminiUIMカードに対応している機種はSH-13Cのみ。機種変更をするには色々気をつける必要がありそうだ。

新品 SH-13C ブラック 携帯電話 白ロム ドコモ docomo新品 SH-13C ブラック 携帯電話 白ロム ドコモ docomo
()
シャープ

商品詳細を見る

タグ : ニュース
カテゴリ : 雑記記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://hakutyuuya968.blog20.fc2.com/tb.php/529-c80550c1
プロフィール

kimagurebito

Author:kimagurebito
観て何か感じたら感想を書こう。
後は気になるニュースなどをまったり更新

アーカイブ&カテゴリー
 
最新記事
FC2カウンター
タグリスト

Appendix


検索フォーム
最近のベストセラー
ブロとも申請フォーム
マイクロアド
リンク
下部フリーエリア
test
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。