画RSS

--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年01月27日 (23:19)

夏は電力制限令発動回避の可能性?

枝野経済産業相は27日、今夏の電力需給について、国内の原子力発電所がすべて停止しても、強制的に節電を求める電力使用制限令の発動は回避できる可能性が高いとの見方を示した。
原発がなくても電力は足りる!
経産相は節電を徹底し、火力発電を増強することで、夏場の電力需要をまかなうことができるとの認識だ。
だが、節電は企業や家庭には「我慢」を強いる。
火力発電の燃料費負担の増加は電気料金に転嫁される。日本経済の足かせが一段と重くなりかねない。

政府の昨年11月の試算によると、原発が再稼働しない場合、今夏の電力供給力は需要に対して最大で9・2%(1656万キロ・ワット)不足する。
東京電力と東北電力の管内で制限令が発動された昨夏の不足幅が2・7%(483万キロ・ワット)だったのと比べ、一段と深刻な状態になる。

今夏は電力制限令発動回避の可能性…枝野経産相

確かに去年は「実は計画停電は無くても大丈夫でした」みたいな発表がありましたが、仮に大停電が起きても「やっぱ原発必要です」って言うだけの流れになりそうだ。

去年は震災後というのもあって節電に協力的だったけど、一年経つと危機感がだいぶ薄まると思うし、去年ほどの節電は見込めないと思うのだが、本当に大丈夫なのか?
しかも火力発電にするのは良いが、企業の電気料金は2割増で冬でもヒイヒイ言ってると言うのに、夏場で電力の消費が増えたら、更なる痛手を負う事になるのは深刻な問題かと;;

一時注目を浴びたメガソーラーなんて案もありましたが、何時の間にやらうやむやになってるし・・・
隠蔽、擬装、何でもありな日本の電気事業、次はどんな「嘘」が出てくるやら?


そういえば大手電力会社でこんな事が起きてるようで・・・

東電の若手社員が大量退職 例年の3倍のペースに「内部崩壊しかねない」

こちらも今後どうなるか気になる一つ、
とりあえず退職した人は優秀な人材が多そうですし、新しい会社で頑張って貰いたい。

タグ : ニュース
カテゴリ : 雑記記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://hakutyuuya968.blog20.fc2.com/tb.php/708-cd5209b7
プロフィール

kimagurebito

Author:kimagurebito
観て何か感じたら感想を書こう。
後は気になるニュースなどをまったり更新

アーカイブ&カテゴリー
 
最新記事
FC2カウンター
タグリスト

Appendix


検索フォーム
最近のベストセラー
ブロとも申請フォーム
マイクロアド
リンク
下部フリーエリア
test
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。