画RSS

--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年03月17日 (21:08)

マツダ新型SUV「CX─5」は受注8000台、月販目標の8倍

マツダは先月16日に発売した新型スポーツ多目的車(SUV)「CX─5」の受注台数が1カ月で約8000台になったと発表した。
国内の月間販売目標1000台の8倍で、好調な立ち上がりとなった。
人気のため、納車まで2─3カ月待ち。
1110261.jpg
原油の高騰もあり出足は好調、このタイミングでの発売した影響もありそうだ。
ただ、生産工場の少ないマツダで、月間販売目標1000台は少ないと見るか適正と見るか?

排気量2200ccのディーゼルエンジンと、排気量2000ccのガソリンエンジンを搭載したモデルをそれぞれ設定。低燃費技術「スカイアクティブ」を全面採用し、高い燃費性能を実現した。
受注車のエンジン別の構成はガソリン車が27%、ディーゼル車が73%。同社の山内孝社長は都内で開いた販売状況報告会で、国内のクリーンディーゼル車の市場開拓に「確かな手ごたえを感じている」と述べた。

「CX─5」は国内で販売するだけでなく、世界各地に輸出する戦略車。山内社長によると、ロシアでは発売から1カ月で5000台以上を受注したほか、オランダでも2週間で1000台のオーダーがあったという。
それぞれ年間販売目標の半分にあたる。

増資で調達した資金のうち、300億円を同技術搭載車両の製造設備投資に充て、新型車に順次採用していく計画だ。

マツダ新型SUV「CX─5」は受注8000台、月販目標の8倍

出足は好調なCX-5、思いのほかガソリン車も出てるのね・・・
それでもやはり割高な車なので個人的には今後のラインナップに期待したい。
次に出るとしたらアテンザやMPV、プレマシー辺りだろうか?
あえてスクラムなどの軽自動車に搭載しても面白そうだが、小型化などを考えると技術的には難しそうだ;;

なににせよ、クリーンディーゼルを使った末永く売れる車を出して欲しいところですが、国内より海外で頑張った方がマツダ的には良いのだろうか?
最近は経営不振なマツダ、昔デミオで持ち直した時のように頑張って欲しい。


タグ : ニュース
カテゴリ : 雑記記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://hakutyuuya968.blog20.fc2.com/tb.php/759-c5e45c08
プロフィール

kimagurebito

Author:kimagurebito
観て何か感じたら感想を書こう。
後は気になるニュースなどをまったり更新

アーカイブ&カテゴリー
 
最新記事
FC2カウンター
タグリスト

Appendix


検索フォーム
最近のベストセラー
ブロとも申請フォーム
マイクロアド
リンク
下部フリーエリア
test
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。